TOPICS

続きを見る

  • オープン戦

    オープン戦

    プロ野球開幕間近です。 プロ野球オープン戦に関する記事を書いた方は トラックバックして下さい。

    テーマ投稿数 78件

    参加メンバー 17人

  • 藤川球児

    藤川球児

    阪神タイガース所属。高知商業高校出身。身長184cm、体重73kg。右投げ左打ち。 名前の由来は父親が草野球でノーヒットノーランを達成した日に生まれたからだ、と言われている。 広末涼子とは、市立城北中学校時代の同級生である。

    テーマ投稿数 256件

    参加メンバー 24人

  • 林威助

    林威助

    台湾台中市出身のプロ野球選手(外野手)。台湾国籍であるが、日本人登録選手。日本野球に憧れて留学し、福岡県の柳川高校へ入学した。しかし、入学が遅れたため、年齢制限を超えてしまい、3年生では大会に出場できなかった。大学時代は故障もあり、出場機会が少なかったが、パワーヒッターとしての素質が認められ、2002年オフのドラフト会議で阪神タイガースに指名された。2004年には台湾代表として、アテネオリンピックにも出場し、10月16日には公式戦プロ入り初スタメン初安打を放つなど、大器の片りんを見せた。LIN WEICHU

    テーマ投稿数 44件

    参加メンバー 11人

  • プレーオフ

    プレーオフ

    年間27回総当り(同135試合)のレギュラー・シーズン(2005年以後は年間20回総当り(同100試合)とセントラル・リーグとの交流試合(同36試合)の合計136試合)の上位3チームがプレーオフに進出。第1ステージ レギュラー・シーズンの2位と3位が3戦2勝制で対戦。第2ステージ 第1ステージの勝者とレギュラー・シーズンの1位チームが5戦3勝制で対戦しリーグ優勝を決める。ただし、1位チームがレギュラー・シーズンで第1ステージの勝者に5ゲーム差以上つけていた場合、1位チームには1勝分のアドバンテージが与えられる。

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 9人

  • 外国人選手

    外国人選手

    日本球界で活躍している外国人選手に関する情報を。 かつて在籍した選手の「その後」も是非!

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 松坂大輔

    松坂大輔

    西武ライオンズに所属するプロ野球選手。ポジションは投手、背番号は18(※背番号「18」は少年時代から読売ジャイアンツの桑田真澄にあこがれていた為)。右投げ右打ち。東京都江戸川区のリトルリーグ出身で住まいは江東区であった。 父は北海道稚内市出身で、母は青森県出身。出生地は青森県東津軽郡外ヶ浜町。弟の恭平は四国アイランドリーグの愛媛マンダリンパイレーツに所属する内野手。同世代の人物を松坂世代と呼ぶことがある。妻は元日本テレビアナウンサーの柴田倫世。2005年12月に長女誕生。

    テーマ投稿数 616件

    参加メンバー 55人

  • 野球全般

    野球全般

    プロ野球・社会人野球・高校野球・アマチュア野球・草野球・少年野球・リトルリーグ・遊びの野球・メジャーリーグ・海外の野球・野球ゲーム・ベースボール・・・等、チームから選手、応援や日程のお知らせ、とにかく野球の話題を記事にしたらトラバお願いしマス。

    テーマ投稿数 36,254件

    参加メンバー 902人

  • 上原浩治

    上原浩治

    東海大仰星高校→大阪体育大学→読売ジャイアンツ(1998年ドラフト1位)高校時代は全くの無名選手だったが、大学でその才能が開花。1997年のインターコンチネンタル杯では、当時151連勝中だったキューバを抑え、一躍ドラフトの注目の的となる。1998年、読売ジャイアンツを逆指名しドラフト1位で入団。その即戦力の期待にたがわぬ活躍を見せ、ルーキーながら15連勝を含む20勝、新人王・沢村賞等各投手タイトルを総ナメにする。また、同期入団でこの年のプロ野球の話題を独占した西武ライオンズ松坂大輔投手とともに、流行語大賞も受賞している。(上原→「雑草魂」松坂→「リベンジ」) 入団前はスライダーが一級品と言われていたが、入団後はむしろフォークボールを多用するようになる。続く2000年・2001年は故障の影響もあり、思うような成績が挙げられなかったが、2002年は復調、エースとしてジャイアンツの日本一に大きく貢献し、2度目の沢村賞も受賞した。2004年にはアテネオリンピック代表にも選ばれ銅メダルを獲得。

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 6人

  • デービッドソン審判

    デービッドソン審判

    WBC誤審の審判。1983年からナ・リーグの審判に昇格。99年9月に労使交渉中の審判団の戦術として総辞職した際に辞任するまで足かけ17年間在籍、92年にはワールドシリーズの経験もある。ただし、ストライク、ボールの判定が厳しく、ボークを厳格にとる事でも知られる。また98年9月20日、サミー・ソーサ(当時カブス)と本塁打争いを演じていたマーク・マグワイア(当時カージナルス)の66号と思われた左中間への打球を「打球はフェンス上の黄色いパイプの下」として二塁打に訂正。カージナルスが提訴し、当時のセントルイス地元紙は「彼は66号を奪い取ったメジャー最低の審判」とこきおろした。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 1人

  • Road To Victory

    Road To Victory

    中日ドラゴンズ スローガン 「Road To Victory」 2010年、「優勝への道」を、ただひたすら突き進むのみ。 ♪虎を倒して 鯉釣って ハマの星座に 雲をかけ 燕落として 大男 息の根止めて 勝ち進め いいぞがんばれドラゴンズ!燃えよドラゴンズ

    テーマ投稿数 112件

    参加メンバー 7人

続きを見る

続きを見る

「野球ブログ」 カテゴリー一覧