searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

THEME help
星
テーマ名
テーマの詳細
星 に関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックやコメントしてください。
テーマ投稿数
188件
参加メンバー
17人
管理人
☆かっこいい女への道☆komatsu1108管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「星」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「星 野球ブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

星の記事

1件〜50件

  • ブラックホールに軟着陸するとどうなるのか
    2021/07/02 17:57
    ブラックホールに軟着陸するとどうなるのか

    ブラックホールのファイアーウォール理論について(2)の続きとして、物質はブラックホールの内部に入って行けるのかの蒸し返しのような話になりますが、ブラックホールに軟着陸(=事象の地平面に軟着陸)するとどうなるのか説明しておきたいと思います。*1 *2古典論的に考えると、ブラックホールに軟着陸した観測者は、宇宙の終わりを見ることが出来るという事になるでしょう。この理由は端的に言うと、タイムマシンについての「一般...

    放射能の暇人

    放射能の暇人の暇なブログ

  • ブラックホールのファイアーウォール理論について(2)
    2021/06/30 14:21
    ブラックホールのファイアーウォール理論について(2)

    ブラックホールのファイアーウォール理論についての続きですが、日経サイエンスの時空の終端 ファイアウォールを見るために頑張って連荘で県立図書館に行って来ました。この記事を見たところ、細部を記すと日経サイエンスから訴えられるかもしれないので細部を記す事は出来ないですが、ポルチンスキー氏は、ブラックホールにファイアーウォールがあると仮定すると、ブラックホール情報パラドックス(Wikipedia)をホーキング放射によ...

    放射能の暇人

    放射能の暇人の暇なブログ

  • ブラックホールのファイアーウォール理論について
    2021/06/29 17:23
    ブラックホールのファイアーウォール理論について

    新潟の新型コロナがおさまって来たので、本日、しっかりマスクをして新潟県立図書館に行って最新号と見ていなかった日経サイエンスの6月号を見たところ、6月号になんか私と同じような事を言っている奴がいるなと思ったら、とっくの昔に、 かの有名な超ひも理論研究者のポルチンスキー様様達が、私が言っている事と本質的に同じ事を言っている事が分かりました。尚、家に帰って来て日経サイエンスのサイトを調べたところ、日本でも...

    放射能の暇人

    放射能の暇人の暇なブログ

  • IC4628(えび星雲)
    2021/06/25 11:27
    IC4628(えび星雲)

    IC4628(えび星雲)の位置や星図と天体写真や撮影データです。季節は夏でさそり座の散光星雲。位置はさそりの尻尾の部分のυ¹とζ¹(グラフィアス)の中間位の低空で「赤経16h57m00.0s/赤緯-40゚20’00″」。光度は7.3等級位で視直径は90′位。適正焦点距離は300~1,800㎜位。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • 天の川を撮って来ました
    2021/06/11 02:22
    天の川を撮って来ました

    ガレージのパラドックスについて(4)でガレージのパラドックスについて満足が行く説明が出来たら、ちょうど天気も晴れてくれたので、LUMIX GX7とLEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7を安いポータブル赤道義(New nano.tracker)につけて天の川を撮影してきました。1枚目はいて座を中心にして撮ったもので、2枚目はわし座を中心にして撮ったもので、3枚目は白鳥座とこと座とわし座のα星を結んだ夏の大三角(Wikipedia)を撮ったものです。絞りは...

    放射能の暇人

    放射能の暇人の暇なブログ

  • マルカリアンの鎖
    2021/04/06 19:48
    マルカリアンの鎖

    一眼カメラとカメラレンズや望遠鏡で撮影したマルカリアンの鎖(マルカリアンチェーン)の天体写真と撮影データや位置のわかる星図。位置はしし座のβ星デネボラとおとめ座のε星ビンデミアトリクスの中間位でおとめ座銀河団の中心付近。適正焦点距離は800~1200mm位で構成する銀河は M84|M86|NGC4477|NGC4473|NGC4461|NGC4458|NGC4435-NGC 4438(目の銀河)

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • ろくぶんぎ座
    2021/04/04 17:52
    ろくぶんぎ座

    ろくぶんぎ座(六分儀座)の星野・星景・星空写真です。季節は春。メシエ天体はなし。NGC3115(スピンドル銀河)、矮小銀河やA及びB銀河群が有名。小さいけど魅力的な銀河多数。一眼カメラで撮影した天体写真を随時更新中。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • NGC5248
    2021/03/31 15:29
    NGC5248

    NGC5248の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は春で「うしかい座」の中間渦巻銀河(棒渦巻銀河と非棒状渦巻銀河)。位置はうしかい座からおとめ座に向かって境界線ギリギリにあり、赤経13h37m30.0s/赤緯+08゚53’00″。適正焦点距離は3000~12000㎜位。NGC5248の渦の中に2つPGC銀河が混ざって構成されており、更に周囲にはPGC天体が山のようにあります。一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • 春夏秋冬・星座別のメシエ天体写真一覧
    2021/03/28 22:26
    春夏秋冬・星座別のメシエ天体写真一覧

    春夏秋冬の季節別と星座別にメシエ天体がチェックできる一覧です。星図でメシエ天体の位置がわかるようにしていますので実際の観測で私も使っているページです。天体写真の撮影時にどうぞ。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • かみのけ座
    2021/03/24 00:33
    かみのけ座

    かみのけ座(髪座)の天体の位置や情報、星図や星野・星景・星空写真。季節は春でメシエは銀河のM64(黒眼銀河)|M85|M100|M98|M99|M88|存在不明のM91(NGC4548)と球状星団のM53。メジャーな天体は銀河のマルカリアンの鎖|かみのけ座銀河団と散開星団のMel111(かみのけ座星団)。一眼カメラで撮影した天体写真を随時更新中。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • さそり座
    2021/03/15 01:47
    さそり座

    蠍座(さそり座)の天体の位置や一眼カメラで撮影した写真星図や星野・星景・星空写真に撮影データ。季節は夏でメシエは球状星団はM4とM80で散開星団はM6とM7。散光星雲の青い馬頭星雲+IC4601|アンタレス周辺|Sh2-7+Sh2-1|彼岸花星雲|出目金星雲|えび星雲と惑星状星雲のバタフライ星雲とチェリオ星雲が有名。その他シャープレスや銀河に散開星団などあり。カメラレンズで撮影した星座の天体写真を随時更新中。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • ヒクソンコンパクト銀河群44(NGC3190付近)
    2021/03/11 04:20
    ヒクソンコンパクト銀河群44(NGC3190付近)

    ヒクソンコンパクト銀河群44(NGC3190+NGC3187+NGC3194+NGC3185)の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は春で「しし座」の銀河群。NGC3190の位置はしし座の頭付近で赤経10h18m12.0s/赤緯 +21゚50’00″です。適正焦点距離は2000~5000㎜位。3つだけに絞る場合は5000~10000mm位。一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • おおぐま座
    2021/03/10 02:16
    おおぐま座

    大熊座(おおぐま座)の天体の位置や一眼カメラで撮影した写真星図や星野・星景・星空写真に撮影データ。季節は春でメシエは銀河のM81|M82(葉巻銀河)|M101(回転花火銀河)|M108|M109と惑星状星雲のM97(ふくろう星雲)。魅力的なNGC銀河が非常に多数。カメラレンズで撮影した星座の天体写真を随時更新中。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • USBカメラレンズヒーターは太いタイプより細いタイプがおすすめ
    2021/03/03 00:54
    USBカメラレンズヒーターは太いタイプより細いタイプがおすすめ

    カメラレンズで天体写真を撮影する時にモバイルバッテリーで使えるUSBのカメラレンズヒーターで結露防止をしているのですが、太いタイプより細いタイプの方がおすすめです。太いタイプだとピント調整が凄くやりにくいんです。細いタイプはピントリング(フォーカスリング)を避けて取り付けられるので便利。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • アンテナ銀河(触角銀河)NGC4038+NGC4039
    2021/02/25 03:19
    アンテナ銀河(触角銀河)NGC4038+NGC4039

    アンテナ銀河(触角銀河)NGC4038+NGC4039の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は春で「からす座」の衝突銀河。別名「触角銀河」「リングテール銀河」。アンテナ銀河の位置は「からす座」と「コップ座」の間で中心部は赤経12h01m53.5s/赤緯-18゚52’26”。適正焦点距離は1200~3500㎜位。アンテナ(触角)部分を外し中心部だけなら8000mm位まで。一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • ヒクソンコンパクト銀河群44(NGC3190付近)
    2021/02/22 21:24
    ヒクソンコンパクト銀河群44(NGC3190付近)

    ヒクソンコンパクト銀河群44(NGC3190+NGC3187+NGC3194+NGC3185)の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は春で「しし座」の銀河群。NGC3190の位置はしし座の頭付近で赤経10h18m12.0s/赤緯 +21゚50’00″です。適正焦点距離は2000~5000㎜位。3つだけに絞る場合は5000~10000mm位。一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • NGC6369(小さな幽霊星雲)
    2021/02/20 02:53
    NGC6369(小さな幽霊星雲)

    NGC6369(小さな幽霊星雲/Little Ghost Nebula)の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は夏で「へびつかい座」の惑星状星雲。位置はΘ星の近くで「赤経17h29m18.0s/赤緯-23゚46’00″」。視直径は1.1’と小さく、適正焦点距離は8000~30000㎜位。13等級と非常に暗いですが、中央と周辺の淡い部分の光度差が大きいのでHDRがおススメ。一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • NGC2903+NGC2905
    2021/02/18 02:00
    NGC2903+NGC2905

    NGC2903とNGC2905の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は春で「しし座」の棒渦巻銀河。位置は獅子座の頭の付近で中心のNGC2903が赤経09h32m10.4s/赤緯+21゚29’56″。NGC2905は中心部から少しズレている明るい部分。適正焦点距離は単体では1000~5000㎜位。少し横に非常に淡いPGC27115も見えます。一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • バッジ処理やワークフローの実行などの重い画像処理での「応答なし」回避方法
    2021/02/15 00:07
    バッジ処理やワークフローの実行などの重い画像処理での「応答なし」回避方法

    重い天体画像処理中に「応答なし」と表示されて固まる・フリーズするような状況。原因は一眼カメラの画像サイズが大きくなったから低スペックのパソコンには厳しいからだと思っていたのですが実はそうじゃない。回避方法を記載しておきます。ステライメージで天体写真をバッジ処理したり自動コンポジットしたり、ワークフローの実行をしてもスムーズに動くようになりました。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • 星空を綺麗にする天体写真のホワイトバランスのポイント
    2021/02/11 21:16
    星空を綺麗にする天体写真のホワイトバランスのポイント

    天体写真のホワイトバランスってめちゃ大切な事がわかってきた。星空はRGBのバランスが難しい。でもこのポイントを押さえて画像処理をすると、そこそこ納得いくヒストグラムになるんじゃないかと。星景写真でも星野写真でもホワイトバランスが合うと処理がし易く綺麗になる。この記事は一発撮りじゃなくコンポジットを前提としています。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • 【レビュー】小型ポータブル電源NEXPOW YP150を天体撮影に使ってみた
    2021/02/08 21:27
    【レビュー】小型ポータブル電源NEXPOW YP150を天体撮影に使ってみた

    NEXPOW YP150の超小型なポータブル電源を天体写真の撮影用に購入したので機材レビュー。赤道儀や一眼レフカメラやレンズヒーターなどの給電に使ってます。大容量なバッテリーを購入するのも1つですが、車のシートの下にも置ける邪魔にならない凄いコンパクトバッテリーはマジで便利!

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • ステライメージ9のレビュー【高速化した天体画像処理ソフト】
    2021/01/19 22:36
    ステライメージ9のレビュー【高速化した天体画像処理ソフト】

    天体画像処理ソフト「ステライメージ9」のレビューです。自動コンポジットや各種操作が高速化。簡易フラット補正である「セルフフラット補正」機能が追加され、更に初心者に優しいソフトになりました。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • やまねこ座
    2020/12/31 20:07
    やまねこ座

    冬の星座やまねこ座(山猫座)の天体の位置や星図と星野・星景写真(星空写真)に撮影データです。メシエはなし。やまねこ座超銀河団(E+W)が有名。魅力的な球状星団はNGC2419。銀河は小さめですが魅力的なものがたくさん。一眼カメラで撮影した天体写真を随時更新中。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • TAMRON ズームレンズ AF18-200mmの伸縮故障を分解修理してみた
    2020/12/23 03:10
    TAMRON ズームレンズ AF18-200mmの伸縮故障を分解修理してみた

    星空撮影に使っているタムロンのズームレンズの伸縮する筒がカコンッカコンッと動きが悪くなってしまったので分解修理とレンズの清掃をしました。このカメラレンズはTAMRON AF18-200mmF/3.5-6.3 XR Di II LD Aspherical [IF] MACRO (Model A14)です。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • NGC6946(花火銀河)
    2020/12/21 12:39
    NGC6946(花火銀河)

    NGC6946(花火銀河)の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は秋でケフェウス座の中間渦巻銀河。位置は白鳥座とケフェウス座の境界線付近でα星のアルデミランの近く「赤経20h34m48.0s/赤緯+60゚09’00″」。約9等級で視直径は「11.5 x 10′」位。適正焦点距離は単体で800~4000㎜位がおすすめ。一眼カメラと天体望遠鏡やカメラレンズで撮影して随時更新。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • M79
    2020/12/17 23:12
    M79

    メシエ79(M79)の位置や星図と天体写真や撮影データです。季節は冬でおおいぬ座の球状星団。8.0等級で視直径8.7'。位置は足元のハニルの右下の方。適正焦点距離は2500~10000㎜位。近くの恒星はリゲル・サイフ・シリウス。一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • うさぎ座
    2020/12/15 23:06
    うさぎ座

    うさぎ座(兎座)の星野・星景・星空写真です。季節は冬。メシエは球状星団M79。IC418(スピログラフ星雲)が有名。そのNGCやIC銀河が多数。一眼カメラで撮影した天体写真を随時更新中。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • かに座
    2020/12/07 00:17
    かに座

    かに座(蟹座)の星野・星景・星空写真です。季節は春。メシエは散開星団のM44(プレセペ星団)とM67。かに座銀河団が有名。魅力的な銀河はNGC2623とNGC2535。惑星状星雲Sh2-290(Abell31)など。一眼カメラで撮影した天体写真を随時更新中。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • 星空写真におすすめなソフトフィルター Kenko PRO1Dの効果や比較レビュー
    2020/12/05 10:37
    星空写真におすすめなソフトフィルター Kenko PRO1Dの効果や比較レビュー

    星景や星野などの星空写真に「Kenko(ケンコー)のPRO1Dプロソフトン[A](W)」を良く使っています。このソフトフィルターが一番いい感じ。カメラレンズに取り付けて天体写真を良く撮っているのでその効果やフィルターありなしの比較を機材レビュー。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • おうし座
    2020/11/28 22:00
    おうし座

    おうし座(牡牛座)の星野・星景・星空写真です。メシエはM1(かに星雲)とM45(すばる・プレアデス星団)。メジャーな天体はハインドの変光星雲、ヒアデス星団、オリオンエリダヌススーパーバブルなど。一眼カメラで撮影した天体写真を随時更新中。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • NGC2174(モンキー星雲)
    2020/11/24 18:25
    NGC2174(モンキー星雲)

    NGC2174(モンキー星雲)の位置や星図と天体写真や撮影データ。別名「モンキーフェイス星雲」や「モンキーヘッド星雲」。季節は冬でオリオン座の散光星雲。位置はオリオン座とふたご座の境界線付近で、「赤経06h09m42.0s/赤緯+20゚30’00″」。視直径は「40’×30’」。適正焦点距離は200~2000㎜位がおすすめ。一眼カメラと天体望遠鏡やカメラレンズで撮影して随時更新します。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • IC417(スパイダー星雲)
    2020/11/20 19:59
    IC417(スパイダー星雲)

    IC417(Sh2-234)スパイダー星雲の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は冬でぎょしゃ座の散光星雲。位置は五角形の真ん中よりやや南付近でβ星エルナトからα星カペラに向かって1/3位で「赤経05h28m06.0s/赤緯+34゚26’00″」。中心部の光度は10等級位で視直径は「13’×11’」位だが、淡い周辺まであぶり出せば蜘蛛の巣状になっており「30’×30’」位。適正焦点距離は中心部が2,000~3,000㎜位がおすすめ。一眼カメラと天体望遠鏡やカメラレンズで撮影して随時更新。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • IC410(おたまじゃくし星雲)
    2020/11/18 11:48
    IC410(おたまじゃくし星雲)

    IC410「おたまじゃくし星雲」の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は冬でぎょしゃ座の散光星雲。中心部は散開星団のNGC1893となっており、合わせてSh2-236。位置は御者座の五角形の真ん中よりやや南付近でβ星エルナトからα星カペラに向かって1/4位で「赤経05h16m12.0s/赤緯+34゚16’00″」。光度は約10等級で視直径は「55’×60’」位。適正焦点距離は単体で600~1,200㎜位。一眼カメラと天体望遠鏡やカメラレンズで撮影して随時更新。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • こいぬ座
    2020/11/16 23:39
    こいぬ座

    こいぬ座(小犬座)の星野・星景・星空写真です。季節は冬。メシエ天体はなし。NGCやICの銀河ばかりのようです。一眼カメラで撮影した天体写真を随時更新中。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • IC405(勾玉星雲)
    2020/11/11 01:39
    IC405(勾玉星雲)

    IC405(Sh2-229)勾玉星雲の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は冬でぎょしゃ座の散光星雲。位置は御者座の五角形の真ん中よりやは南付近で「赤経05h16m12.0s/赤緯+34゚16’00″」。光度は約10等級で視直径は「37’×19’」位。適正焦点距離は単体で1,000~1,500㎜位。勾玉星雲を含めたSh2-229全体を入れる場合は500~600mm位がおすすめ。一眼カメラと天体望遠鏡やカメラレンズで撮影して随時更新。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • NGC1499(カリフォルニア星雲)
    2020/11/09 11:37
    NGC1499(カリフォルニア星雲)

    NGC1499(Sh2-220)カリフォルニア星雲の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は秋でペルセウス座の散光星雲。位置はξ星(メンキブ)のすぐ北で「赤経04h00m42.0s/赤緯+36゚37’00″」。光度は6等級で視直径は「145’×40’」位。適正焦点距離は150~500㎜位。一眼カメラとカメラレンズで撮影して随時更新します。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • NGC660
    2020/11/08 02:25
    NGC660

    NGC660の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は秋でうお座の極リング銀河(Polar Ring Galaxy)。位置はM74の近くおひつじ座の境界線付近で、「赤経/01h43m00.0s/赤緯+13゚38’00″」。光度は10.8等で視直径は「8.5’×3.2」位。適正焦点距離は1500~4500㎜位がおすすめ。一眼カメラと天体望遠鏡やで撮影して随時更新。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • おおいぬ座
    2020/11/04 14:25
    おおいぬ座

    おおいぬ座(大犬座)の星野・星景・星空写真です。季節は冬。メシエ天体はM41。ダッグ星雲(トールの兜星雲)、ミルクボット星雲、VY赤外線源、矮小銀河などが有名。一眼カメラで撮影した天体写真を随時更新中。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • わし座
    2020/10/28 21:10
    わし座

    わし座(鷲座)の星野・星景・星空写真です。メシエ天体はなし。魅力的な天体は惑星状星雲はNGC6781とNGC6804。銀河はNGC6906。その他周辺のメジャーな天体の位置や星座がわかる写真星図。一眼カメラで撮影した天体写真を随時更新中。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • 何百枚でも確実に位置が合う天体写真の分割基準点自動コンポジット
    2020/10/24 02:56
    何百枚でも確実に位置が合う天体写真の分割基準点自動コンポジット

    何百枚もの天体写真を自動コンポジットすると位置ズレで失敗する事があると思います。分割コンポジット+基準点指定」で自動コンポジットをすればエラーは解消されて100%位置が合います。若干手間かもしれませんが確実に位置が合うのでおススメです。原因は「カメラレンズにガタがあって総露出時間が長い場合」特にズームレンズではこの方法を取らないといけなります。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • NGC7723
    2020/10/21 03:03
    NGC7723

    NGC7723の位置や星図と天体写真や撮影データです。季節は秋でみずがめ座の棒渦巻銀河。位置は「赤経23h38m54.0s/赤緯-12゚58’00″」。視直径は「3′.5×2′.3」で11.1等級。適正焦点距離は2500~15000㎜位。一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • ペガスス座
    2020/10/19 19:51
    ペガスス座

    秋の星座ペガスス座(ペガサス座)の天体の位置や星図と星野・星景・星空写真に撮影データ。メシエは球状星団のM15。魅力的なステファンの五つ子銀河|NGC7331銀河群|NGC7479|NGC7469-IC5283|NGC14(不規則銀河)|NGC7742|NGC7814|NGC7817|NGC7741|NGC23|NGC7217。散光星雲Sh2-122。一眼カメラで撮影した天体写真を随時更新中。 

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • つる座
    2020/10/16 04:29
    つる座

    鶴座(つる座)の天体の位置や一眼カメラで撮影した写真星図や星野・星景・星空写真に撮影データ。季節は秋でメシエ天体はなし。魅力的な天体は惑星状星雲のIC5148や銀河のNGC7496|NGC7531|NGC7552|つる座トリオ銀河(NGC7582+NGC7590+NGC7599)|NGC7424(グランドスパイラル銀河)|NGC7410|NGC7456|NGC7418など。カメラレンズで撮影した星座の天体写真を随時更新中。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • NGC7814(小さなソンブレロ銀河)
    2020/10/10 00:16
    NGC7814(小さなソンブレロ銀河)

    NGC7814(小さなソンブレロ銀河)の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は秋でぺガスス座の渦巻銀河。位置は「赤経00h03m18.0s/赤緯+16゚09’00″」。視直径は「5′.5×2′.3」で11.6等級。適正焦点距離は1200~9000㎜位。一眼カメラと天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • ダーク減算せずに天体写真の簡単ホットピクセル除去(一眼レフ+短時間露光向き)
    2020/10/07 23:22
    ダーク減算せずに天体写真の簡単ホットピクセル除去(一眼レフ+短時間露光向き)

    一眼レフカメラで短時間露光している場合に向いている方法ですが、ダーク減算せずに簡単に綺麗にホットピクセルを完全除去できる方法があったので記録しておきます。熱ノイズ(熱カブリ)は処理できませんので、ミラーレスや長時間露光の場合はダーク減算しないと厳しい場合が多いと。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • IC1396(Sh2-131)
    2020/09/29 17:38
    IC1396(Sh2-131)

    IC1396(Sh2-131)の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は秋でケフェウス座の散光星雲+散光星雲。位置はμ星のガーネットスターの近くで「赤経21h39m06.0s/赤緯+57゚30’00″」。視直径は165’×135′。適正焦点距離は50~400㎜位。象の鼻星雲単体では800~2000mm位がおすすめ。一眼カメラとカメラレンズや天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • NGC7129(バラの蕾星雲)
    2020/09/28 01:51
    NGC7129(バラの蕾星雲)

    NGC7129(バラの蕾星雲)の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は秋でケフェウス座の反射星雲+散開星団。位置は「赤経21h41m18.0s/赤緯+66゚06’00″」。視直径は8’×8’程で12.0等級。適正焦点距離は1000~4000㎜位。隣の散開星団NGC7142も含めると700~1200mm位がおすすめ。一眼カメラとカメラレンズや天体望遠鏡で撮影して随時更新。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • さんかく座
    2020/09/27 13:52
    さんかく座

    秋の星座さんかく座(三角座)の天体の位置や星図と星野・星景・星空写真に撮影データです。メシエはM33(さんかく座銀河)です。魅力的な銀河のNGC672-IC1727|NGC784|NGC925などがあります。一眼カメラで撮影した天体写真を随時更新中。 

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • アイリス星雲(NGC7023)
    2020/09/24 14:14
    アイリス星雲(NGC7023)

    NGC7023(アイリス星雲)の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は秋でケフェウス座の反射星雲。位置はβ星アルフィルクから「赤経差-00h27m02.9s/赤緯差-2゚23’21″」程で「赤経21h01m34.0s/赤緯+68゚10’13″」。視直径は18’×18′で7等級。適正焦点距離は1000~3500㎜位。周辺の分子雲も入れるなら500~800mm位が良いかも。一眼カメラとカメラレンズや天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

    あいぼー

    天体写真ナビ

  • Sh2-136(幽霊星雲/ゴースト星雲)
    2020/09/20 22:20
    Sh2-136(幽霊星雲/ゴースト星雲)

    Sh2-136(幽霊星雲/ゴースト星雲)の位置や星図と天体写真や撮影データ。季節は秋でケフェウス座の反射星雲。位置はβ星アルフィルクから「赤経差-00h12m09.8s/赤緯差-2゚18’28″」程で「赤経21h16m29.7s/赤緯+68゚15’11″」。視野角は70’×45’位。適正焦点距離は単体で700~2500㎜位。一眼カメラとカメラレンズや天体望遠鏡で撮影して随時更新します。

    あいぼー

    天体写真ナビ

カテゴリー一覧
商用